ご用意はお済ですか? -帰宅困難者対策条例- 2013年4月より都内の全企業に社員3日分の食料と水の備蓄が義務化されます。

お電話でのお問い合わせ:0120-44-7673

対策できていますか?帰宅困難者対策条例

難民

地震によって都市部の交通網はマヒ!帰宅難民が続出!

平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震による混乱で首都圏の交通機関はマヒ状態になり大量の帰宅困難者が発生しました。

地震

東京都では他の都市に先駆け、
帰宅困難者対策条例を施行!

先の地震の教訓と今後予想される地震に備え、東京都では帰宅困難者対策条例が平成25年(2013年)に施行されることになりました。

準備

必要な3日分の食料と水を備蓄するよう義務努力が課されます!

事業者は従業員の一斉帰宅の抑制として「施設の安全を確認した上で、従業員を事業所内に留まらせる」「必要な3日分の水や食料などの備蓄する」等の取り組みが求められます。

3日分9ℓの水の備蓄が必要です。

上記の説明の通り、今回東京都で施行される帰宅困難者対策条例において3日分の食料と水が必要になりますが、 帰宅困難者対策.comで販売しているライフカプセルライフカプセルDXには1ℓ分の水が含まれております。

ライフカプセルライフカプセルDXのご購入で 条例に完全に準拠する為には、1人あたり残り8ℓが必要なります。

下記の計算例と右図の計算フォームで参考に必要な水の備蓄量が計算できます。
この機会に是非、貴社の必要な水の備蓄量を計算してみてください。

■計算例

3人分 5人分 10人分 20人分 30人分 40人分 50人分
2ケース 4ケース 7ケース 14ケース 20ケース 27ケース 34ケース

一人あたり
ライフカプセルご購入で1ℓ

あと8ℓ×

本分

帰宅困難者対策条例に
完全準拠するには、あと

ケース

の水が必要になります。

お見積もり依頼はこちら

見積依頼 「多くの従業員がいる」
「部署によって分けたい」
「オプションを追加したい」etc...
お気軽にお見積もり下さい。

ご注文はこちら

数量

販売価格:1,940円